学生時代に人間関係がよく分からなくて事故死しか思い浮かばなかった

学生時代は人間関係がよく分からなかったです。気の合う子だけがいるわけじゃないからです。社会に出たら大人達とぐちゃぐちゃに入り混じり、自分の言葉なんかかき消されます。生き急いだ大人達と同じようなスピードに巻き込まれ、自分の言葉なんか忘れさせられ、そう錯覚させられます。何故そう言うか、死にそうになるからです。圧迫死みたいです。度外視しても目に入りますし、その人達が誰なのか本当は知りません。どこの家に住んでるかすら知りません。誰の子かすら分かりません。迷惑かすら分かりません。若いのに何も出来なかった人達がひたすら差別的に見てくるような気がします。ひたすら色々ありますし、あると思わないとどこにいるかすら分からなくなるからです。起きざるを得ないのが地球ですが、人間の中じゃ色々思えるんです。話が違うところに叩き出されるんですよ。あれまあれまという間にです。何だっけなってなってみると、何でもないんですよ。人格すら変わっちゃいます。このまま気づかず行った極地はどこなんだろうって思ってきますよね。途方に暮れそれをひたすらやってきた人達を見てるわけです。そりゃ唐突に許容しなきゃならないわけです。やってられるわけないですよそりゃ。気になるめっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミはこちら。